TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

思い出・過去 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(2)

    「仕事と子育てが縒(よ)り合わさって私がある(1)」の「内職をしながら遊ぶ」の続きです。 ベルトの穴でできた丸くずで遊ぶ 造花作り 学研の月刊誌『科学』と母の手 母の職場に行くことは度々あった 鍵っ子になるのは回避 母の職場 工場の中を歩きたい <余談 『1年のかがく』の『インセクトマン』> ベルトの穴でできた丸くずで遊ぶ ベルトの穴開けと金具つけの内職では手伝いになりませんでした。 合皮にパンチを使って穴を開ける方法を母に言われてやってみたのですが、印通りにパンチを合わせることはできても、パンチのハンドルが固くて握り締められず、穴は開けられません。 ベルトの金具つけにも挑戦しましたが、カチッ…

    tn198403s kame

    tn198403s 高校時代blog

    読者になる
  • 2位

    私の人生のときめきハイライト☆前編

    こちらのブログは当初、きちんと時系列に沿って書いていこうと思っていたのですが気まぐれに書きたいことから書いていくわけのわけらない回想記になってしまいました。私の中では「特に強烈に記憶に残っていること」「人生への影響が大きかった出来事」などを優先して書い

    栗マロン

    メンタル病んでるマイライフ〜ときめき、自分GATARI〜

    読者になる
  • 3位

    浮浪者の子供との出逢いアジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    ・昭和44年2月26日(水)晴れ(浮浪者の子供との出逢い)昨夜、インド人の話し声、列車の振動、盗難の心配等で当然良く寝られなかった。夜間の3等客車の旅はしんどかった。10時頃、タリー(インドのカレー定食)で朝食を取った。前の座席の子供は腹を空かしているのか、食べたそうに私の方をじっと見ていた。その子供は9~10歳位であろうか、裸足で汚れたヨレヨレのシャツと擦り切れたズボンを履いていた。明らかに浮浪者か乞食だ。どうせ汽車賃も払ってないで乗っているのであろう。カレーは辛すぎて余り食べられないし、他におかずが無いので、殆んどご飯もチャパティも食べられず、当然残った。その残ったカレー、ご飯、チャパティ、その他を盆ごと子供に示し、「食べるか」と聞いた。彼は分ったのか、盆を受け取った。彼はかぶりついてタリーを食べた。そして...浮浪者の子供との出逢いアジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    旅日記

    旅日記

    読者になる

続きを見る

  • 同人作家さんの集り

    同人作家さんの集り

    同人作家さん同士でブログを見せ合ったり相談したり、 イロイロ交流の場になればと思います。 喧嘩や叩きはご法度だけど、基本的にはのびのびとご活用いただければと思います。 よろしくお願いします。

    テーマ投稿数 301件

    参加メンバー 25人

  • 子供時代は続かないでもバカは一生続く !

    子供時代は続かないでもバカは一生続く !

    どなたでもトラバしてかまいません\(^∀^)メ(^∀^)ノ ってかしてください!! なんでもありです♪ よろしくお願いします(●´人`●)

    テーマ投稿数 189件

    参加メンバー 20人

  • たわごと(戯言)

    たわごと(戯言)

    「たわごと(戯言)」だなと思うような事を含む記事、又はテーマやタイトルなどが「たわごと(戯言)」を含むブログからトラックバックしてください。 ざれごと(戯れ言)・ひとりごと(独り言)など、似ている物も可です。 内容・ジャンルは、なんでもOKで、文章の形式も自由です。

    テーマ投稿数 12,995件

    参加メンバー 207人

  • 悪夢

    悪夢

    悪夢に関する記事をトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 18人

  • 彼女はタイ人

    彼女はタイ人

    タイで生活をすることは、色々な意味で大変だと思います。その大変さは当然個人差はあるけれど、何かを調べたいときに、本当のことや日本語での説明不足、多々あると思います。 タイに「住んでいる人、仕事をしてる人、観光の人」 が安全かつ楽しめるように。 できる限り真実に元づいた情報や話の発信源になりたいです。 この「ブログ村」を通じて「快適なタイランド」を一緒に作りましょう!

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 2人

  • 天涯孤独

    天涯孤独

    両親も兄弟も親戚もいない方、 わけありで家族には会えず、天涯孤独状態の方、 お気軽にどうぞ♪

    テーマ投稿数 723件

    参加メンバー 22人

  • ヲタ&腐女子 保護委員会。

    ヲタ&腐女子 保護委員会。

    ヲタ?腐女子? これはもう保護するべきだ!! 私たちは保護されるべきだ!! とりあえず ヲタ 腐女子集合。 保護とかもう関係ないです。 とりあえず仲間集まれ〜。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 6人

  • *Janne&Pet*愛らぶ♪

    *Janne&Pet*愛らぶ♪

    Janne。ABC。yasu様。 Janner様の愛らぶ日記。 わんちゃん猫ちゃん、うさぎさん鳥さんなどなど 大好きな家族ちゃんの愛らぶ日記。 思った事感じた事の日常日記。 中傷誹謗の無い楽しいコミュにしていきましょうね☆

    テーマ投稿数 464件

    参加メンバー 8人

  • 世間話

    世間話

    世間話や生活の話が好きな方、ブログをリンクしませんか?ジャンルは問いません。

    テーマ投稿数 354件

    参加メンバー 39人

  • シュールを好む人が集まる会

    シュールを好む人が集まる会

    なんだかんだ言っても、シュールな出来事が一番面白い!!って人、またはそんなブログを書いている人、 是非是非お集まり下さい。 管理人は奇人変人です(笑)

    テーマ投稿数 276件

    参加メンバー 29人

続きを見る

  • 浮浪者の子供との出逢いアジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    ・昭和44年2月26日(水)晴れ(浮浪者の子供との出逢い)昨夜、インド人の話し声、列車の振動、盗難の心配等で当然良く寝られなかった。夜間の3等客車の旅はしんどかった。10時頃、タリー(インドのカレー定食)で朝食を取った。前の座席の子供は腹を空かしているのか、食べたそうに私の方をじっと見ていた。その子供は9~10歳位であろうか、裸足で汚れたヨレヨレのシャツと擦り切れたズボンを履いていた。明らかに浮浪者か乞食だ。どうせ汽車賃も払ってないで乗っているのであろう。カレーは辛すぎて余り食べられないし、他におかずが無いので、殆んどご飯もチャパティも食べられず、当然残った。その残ったカレー、ご飯、チャパティ、その他を盆ごと子供に示し、「食べるか」と聞いた。彼は分ったのか、盆を受け取った。彼はかぶりついてタリーを食べた。そして...浮浪者の子供との出逢いアジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    旅日記 旅日記
    読者になる
  • 読者になる
  • 山鳥毛

    日本刀の聖地「備前長船(おさふね)」は故郷の瀬戸内市にあり、僕の生まれた牛窓(うしまど)の隣の町である。ここに、上杉謙信の愛刀で国宝の『太刀無銘一文字(山鳥毛…

    十円木馬 過去を振り返って現在を知り、未来を思う
    読者になる
  • 人、牛のウンコ及びトイレ、ゴミの臭い話~アジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    *人、牛のウンコ及びトイレ、ゴミの臭い話列車がニューデリーを出発後、私は暫らくの間、車窓から密集したバラックの家々、人々の様子等を見ていた。そうすると又、線路端のあちこちで人々が尻を出し、こちらを向いてしゃがんでいる姿が見えた。ニューデリーに到着する時もそうであったので、「ハハン、ウンコをしているな」と直ぐに分った。バラックの家にはトイレが無いのか、彼等は線路端で、或は空き地で構わずウンコをしていた。これもインドらしい光景の一つであった。私はアムリッツァルの国境でインドの入国手続きを済ませた後、ウンコがしたくなったので、そこの係官に「トイレは何処ですか」と尋ねた。そうすると係官は「あちらです」と言って、指でその方向を示した。そこは出入国管理事務所(実際は掘立小屋の建物)の裏手で、草がボウボウと生えている空き地で...人、牛のウンコ及びトイレ、ゴミの臭い話~アジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    旅日記 旅日記
    読者になる
  • 一人ぼっちと駅員の盥回し~アジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    ・昭和44年2月24日(月)晴れ(渡辺も去り一人ぼっちになる)渡辺は午前7時に去って行った。2人が去って私1人になってしまい、ドミトリーの部屋に取り残された感じで、何か『ポカーン』となった様な、そんな心境になった。二人が去ってから私は、カルカッタに着いたらオーストラリアへ行くのであるが、そのオーストラリア行きに不安、心配が生じて来てしまった。『行って見なければ分らないのだ』と思っていたが、荻や渡辺が去って、その不安が私の心に湧いて来てしまった。1人寂しく、ホテル近くの食堂へ昼食を食べに行った。・昭和44年2月25日(火)晴れ(駅員の盥回しと田舎の臭い)Manmad(マンマード)駅へ早く行けば、カルカッタ行きの3等寝台車を予約出来ると思って、6時半に起きた。アウランガーバード7時30分の列車でマンマード(切符代3...一人ぼっちと駅員の盥回し~アジャンタ、エローラ見物とインド横断鉄道の旅

    旅日記 旅日記
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「その他日記ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)