TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

研究職日記 新着記事

NEW POST
help
  • ガン撲滅は小生の理論以外絶対に無理です。

     ヨミドクターに次の記事があります。 がんが転移するかしないかには「時間」が関係、細胞に違いはありませんがんが転移する仕組みは完全にはわかっていませんが、二つの仮説が考えられています。一つは、がん細胞に遺伝子変異が加わることによって、転移する能力(転移能)を獲得する可能性です。がん細胞が誕生するためには、数個の遺伝子変異が蓄積される必要があります。遠隔転移についても、転移能をもたらす遺伝子変異があるに違いないという発想です。「遺伝子変異追加説」と呼ぶことにします。しかし、今のところ、そういう遺伝子は見つかっていません。もう一つの考え方は、遠隔転移をつかさどる遺伝子変異はそもそもないという仮説です。原発巣から血中へのがん細胞の流入は最初から起きており、大抵は転移せずに終わるのだけれども、そのうちのほんの一部がある...ガン撲滅は小生の理論以外絶対に無理です。

    近所のおじさん

    近所のおじさん

    読者になる
  • ソーシャル・キャピタル研究会

    7月30日、19:30~zoomにて「SC研究会」(日本大学・稲葉先生主催)が行われた。今回のテーマは、「災害とソーシャル・キャピタル」東北大学大学院歯学研究科の相田先生の講演と意見交換となった。先ず、世界における災害死亡者数は増加傾向にあり、地球温暖化の問題もあるが、東日本大震災を例に災害弱者として高齢者の占めるウエイトが高いことが示された(H23内閣府・防災白書)。講演では、災害前(準備期)、災害中・直後(対応・緩和期)、災害後(復興期)の3つのフェーズに分けて検証された(内容は割愛)。私自身、学校から企業に移って、なかなか研究ができなくて、けっこうストレスになっている中、ある意味よい刺激になりました。「まとめ」の中で、述べられていましたが、災害後の住民の移転を考えた時、つながりを持った人々の集団移転をマネ...ソーシャル・キャピタル研究会

    らくだ

    文化政策・まちづくり大学校 飛騨高山校

    読者になる
  • 希少難病「ファブリー病」世界初で治療できます。良くなられて周りの患者の方にお伝えください。日本に光があることを!

     ヨミドクターに次の記事がありました。  希少難病「ファブリー病」患者が語る…41歳まで診断つかず「見た目でわからない苦しさ」 ここは、ある下町にあるという架空のカフェ。オーナーの“のぶさん”のいれるコーヒーの香りに誘われ、今日もすてきなゲストが訪れて、話が弾んでいるようだ。大きなキャリーバッグを押しながら、女性のお客さまがカフェの扉を開けた。厳しい夏の暑さの中を駅から歩いてきたと見えて、汗が噴き出している。「こんにちは」私が声をかける前に、女性の方から声をかけられた。数日前にもご来店いただいたことがある方だ。ただし、その時は、お話はしていない。注文されたアイスコーヒーを運ぶころには、クーラーの利いた店内で、体は落ち着いてきたようだ。「外は暑かったですよね?」「そうなんですよ。でも、今日は、絶対に来ようと決めて...希少難病「ファブリー病」世界初で治療できます。良くなられて周りの患者の方にお伝えください。日本に光があることを!

    近所のおじさん

    近所のおじさん

    読者になる
  • お盆中に、その病気治しませんか?

    再三再四申し上げているように、どこへ行っても良くならない病状、短期間(お盆中)に劇的に改善させませんか? HPに書かせていただいている通りです。医療現場では、治せない病気があまりにも多くあります。 見ておられないのです。 「HP」よりお越しください。良くなられて周りの方々にお伝えください。「希望の光」があることを!! Whoeversavesonelifesavestheworldentire.(1人の人間を救う者は全世界を救う) 連絡先「HP」お盆中に、その病気治しませんか?

    近所のおじさん

    近所のおじさん

    読者になる

「その他日記ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)